FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2-4 違いを認める

前回は人間としての「共通点」について
お伝えしましたが、
今回は人間としての「相違点」について
お伝えしたいと思います。

先日、
20人が参加した研修会で、
「海」という言葉から何を連想するか
10個書き出すという課題が出ました。

さて、
この20人がそれぞれ書き出した言葉のうち、
全員が同じように連想した
共通の言葉はいくつあったと思いますか?

答え合わせをする前に、
多くの研修参加者は
「2つか3つ」と答えましたが、
実際はひとつもなかったのです。

ひょっとしたら
20人では多すぎるかも、ということで
5人のグループを4つ作り、
そこでどれくらい共通の言葉があるか
調べてみました。

結果は、
2つのグループでようやく1つ、
共通の言葉がみつかったものの、
残り2つのグループではまったくバラバラでした。

実はこの結果、
心理学的にも実証されているそうです。

どこでやっても、
どのようなキーワードでやっても、
多くの人が同じ言葉を連想しているケースは、
ほとんどないそうです。

「海」という単純な言葉からでも、
人はさまざまなイメージを持って
多くのことを連想しているのですから、
これが仕事上での話になると、
さらに多くの考え方がでてくるということは、
容易に想像がつきますね。

気心が知れていると思っている
同じチームのメンバーでさえ、
いろいろ異なった考え方を持っている・・・
という前提に立って取り組む必要があります。

しかし私たちは、
こういう違いを知りつつ、
ある種の思い込みをしてしまっていませんか?

「他人も、自分と同じように考えているはず」
・・・と。

この思い込みは、
「言わなくても分かるだろう」
という意識につながり、
結果的にコミュニケーションを乱す
原因になってしまいます。

そもそも人間は、
生まれ育った環境、
受けてきた教育など、
さまざまな要素が複雑に絡み合い、
「みんな違う」のです。

海外で仕事をする場合などは、
そもそも違って当たり前。

ひとつ屋根の下で
長年一緒に暮らしている妻でさえ、
私とは違います。

仕事を進める上で大切なのは、
その違いを当然のものとして認めた上で、
それをうまく活用していこうとする
意識ではないでしょうか。

自分自身では到底考えつかないアイディアが
相手から出てくるなんて経験、
皆さんもお持ちですよね。

そのためにはやはり、
互いに積極的にコミュニケーションを図っていく・・・
これが大切だと思うのです。

この「違いを認める」ということは、
いまの学校教育の現場でも、
盛んに教えられています。

息子の教科書に掲載されている、
金子みすずさんの有名な詩です。


わたしと小鳥とすずと 
        
    わたしが両手をひろげても、
    お空はちっともとべないが、
    とべる小鳥はわたしのように、
    地べたをはやくは走れない。

    わたしがからだをゆすっても、
    きれいな音はでないけど、
    あの鳴るすずはわたしのように
    たくさんなうたは知らないよ。

    すずと、小鳥と、それからわたし、
    みんなちがって、みんないい。 

そう、みんなちがって、みんないいんですね。



にほんブログ村 経営ブログへ

にほんブログ村 経営ブログ モチベーションへ


スポンサーサイト

2-3 私も、相手も「人間」

海外で仕事をするとき、
一番心配になることは
「自分はどんな人たちと仕事をするんだろう」
ということです。

今までに一度も行ったことのない国であれば、
そこに住む人の考え方や
仕事の進め方が分からず、
それこそ「漠然とした不安」が
心の中を覆うようになります。

そんなとき、
こんな考え方をしてみませんか?

「私も、相手も人間」って。

人は、
住む国や育ってきた環境、
受けてきた教育の内容などによって
考え方は異なりますが、
それは私たち日本人同士だって同じこと。

むしろ「人」として、
変わらないものがあることに気付くと、
ずいぶん気が楽になります。

「うれしい」
「悲しい」
などの基本的な感情は、
私の経験上どこの国、どこの人でも
「人として」持っている共通のもの。

「地震で家が壊れて悲しい」
「家族の無事が分かってうれしい」
「自分の国で多くの人が苦しんでいるので何とかしたい」
「支援が届いてありがたい」

これらの言葉は、
私がこれまで訪れたすべての国で
聞いてきたものです。

つまり、
知らない国の人と仕事をするときも、
漠然とした不安や
その国そのものの植えつけられたイメージを抱えたまま
相手に接するのではなく、
「一人の人間同士」として
真っ白な状態からスタートし、
互いにコミュニケーションを交わしていきながら
理解し合っていくことが
大切なんだろうと思います。

アメリカの心理学者ザイアンス(Robert Zajonc)が
発表した、有名な人間の心理に関する法則があります。

これは「ザイアンスの法則」と呼ばれるものですが・・・

「人間は、知らない人に対しては攻撃的、否定的、冷淡になる」
「人間は、その人を知れば知るほど好意を持つ」
「人間は、相手の人間的側面を知ったとき、
より強く相手に好意を持つようになる」

・・・というものです。

一人の人間として、
互いを知ることからコミュニケーションは始まり、
それを深めることで
信頼関係が生まれるのですね。

今回は人間としての「共通点」について
お伝えしましたが、
次回は人間としての「相違点」について
お伝えしたいと思います。

にほんブログ村 経営ブログへ

にほんブログ村 経営ブログ モチベーションへ

2-2 「聴く」ことの大切さ

前回は、
仕事を進める上で必要となる
コミュニケーションの要素について、
聴く、見る、話す、書く、読む、触れる
が基本にある、と書きました。

では、6つあるこれら要素の中で、
最も大切なのはどれでしょう?

さまざまな考え方があるかと思いますが、
私は「聴く」ことだと思います。

コミュニケーションは、
相手に「伝える」ことを
意図してとるものだとすれば、
本来「聴く」ことはその逆・・・。

確かに、
これから仕事を始めようとする人は
伝えたいことがいっぱいあり、
やりたいことがいっぱいあり、
そんなときに人の話を「聴く」姿勢には
まったくありませんね。

でもそこで「聴く」ことができたなら、
皆さんの仕事は
ほどなくして上手くいくようになるでしょう。

では、どうやって聴けばいいのでしょう?

最も大切なのは、
「相手の言いたいこと」を聴く姿勢。

実は、「聴く」ことには
さまざまな効用があると言われています。

まずは「相手の心の扉を開く」。

人は、安心して話せる環境があれば、
自分自身の気持ちや思っていることを
話してくれるようになります。

さまざまな人と関わりをもって仕事をするためには、
相手の心の扉をぜひ開いておきたいものですね。

その2。

「話を真剣に聴いてくれた人を心から信頼する」。

信頼というキーワードは、
仕事を成功させる上でとても大切なもの・・・
これも「聴く」ことから始まるのですね。

そして、最後。
これは私が一番好きなもので、
今日このテーマで書こうと思ったきっかけの効用。

「話を聴いてもらった人は、相手の話を聴くことができる」。

自分自身の目的達成のためには、
まず最初に相手の話を聴くことから始め、
心の扉を開き、
信頼してもらい、
そうすれば自分の話も聴いてもらえるようになる・・・
これが大切なんだと思います。

これが、いわゆる「傾聴」。

私自身も、
人の話を聴くことは得意なほうではないため、
いつも「傾聴」を心がけようと思っています・・・。

にほんブログ村 経営ブログへ

にほんブログ村 経営ブログ モチベーションへ


2-1 コミュニケーションの本当の意味

いよいよ現地に到着、
仕事を始めるわけですが、
ここからは
「人と人が交わることで仕事が進む」、
そんなことをお伝えしたいと思います。

まず第一は、
「コミュニケーション」について。

コミュニケーションとは、広辞苑では
「社会生活を営む人間の間に行われる
知覚、感情、思考の伝達。
言語、文字その他視覚、聴覚に訴える
各種のものを媒介する」
と記されています。

・・・が、ちょっと難しい感じがしますね。

一方、英和辞典で"Communication"を調べると、
「伝えること、伝わること」
「他人と共有するが原義」
とあります。

以上から、コミュニケーションとは、
一方的に何かを伝えようとすることではなく、
また意思の疎通なしに漠然と情報のやり取りをすることでもなく、
それが「相手に伝わること、そして共有すること」
を意味するのです。

では、どのようにすれば、
相手に伝わり、共有することができるのでしょう?

私が先日、研修で学んだことの中に、
「情報の伝達比率」に関するものがありました。

これは「メラビアン効果」と言われるものですが、
私たちのコミュニケーションでは、
言語的な要素が占める割合は・・・
たった7%にしかすぎないんだそうです。

つまり、言葉だけで相手に何かを伝えようとしても、
実際はほとんど伝わっていない、ということですね。

たとえば、
「Eメールを送信すれば相手に情報が伝わるので直接話さない」
・・・って、最近よく聞きますね。

でもEメールの場合、
ほとんどが文字情報に限定されるため、
送信者側の意図がほとんど伝わらないまま
受信者側はそれを読んでいる、
ということも考えられます。

メラビアン効果では、むしろ
声の調子など、聴覚の要素が占める割合は38%、
態度や表情など、視覚の要素が占める割合は55%
だと言われています。

さきほどのEメールの話も、
送信後に電話で話をしてみるだけで、
情報そのものの伝達比率は飛躍的にアップし、
さらに直接会って話ができれば、もっと伝わる、
ということになります。

そういう意味では、
コミュニケーションは
私たちの持っているさまざまな感覚を駆使して
相手に伝えようとすれば、
それがうまく伝わる可能性が高まり、
想いが共有できるようになる
・・・ということなんだろうと思っています。

ではちなみに、仕事を進める上で必要となる
コミュニケーションの要素って何だと思われますか?

私は
聴く、見る、話す、書く、読む、触れる
が基本にあると思っています。

さて、6つあるこれら要素の中で、
最も大切なのは
どれだと思いますか?

それは次回のテーマにしたいと思います。

にほんブログ村 経営ブログへ

にほんブログ村 経営ブログ モチベーションへ



1-4 最悪の事態に備える

これまでにお伝えしてきたこと・・・

「何が分からないかが分からない、不安を取り除く」
「いつも前向きな気持ちで」
「ゴール地点にある自分の姿をイメージする」

いずれも、仕事を始める前にやっておきたいことばかりです。

仕事の準備段階では、
できるだけ物事の明るい面を見て、
「成功している自分」をイメージしておくことが
大切だと思っていますが、
それだけでは十分とは言えません。

その正反対である
「こうなってはいけない状態」、
つまり物事の一番暗い部分のイメージも、
必要になってくるということです。

私たちが海外で救援を行う場合、
一番あってはならないことは
「被災地で命を落とす」
ということ。

人助けをするには、まず自分自身の安全確保・・・
が大前提になります。

もちろん、
災害の現場には多くのリスクが存在します。

二次災害、治安への不安、病気の蔓延・・・。

私たちは、あらかじめこれらのリスクに備えることで、
それを最後まで避けるよう、努力しています。

これは一般的に
「リスク管理」や
「セキュリティ・マネジメント」
と呼ばれているもので、
仕事を進める上で欠かせないものです。

「こうなってはいけない」最悪の姿が
イメージできていれば、
そうならないためにさまざまな対策が
たてられるようになります。

また、そうなりかけたら、
頭の中で警告音が鳴り響き、
直前でも危険を回避することができるようになります。

たとえば、電車の駅をイメージしてみてください。

ここで考えうる最悪の事態は
「ホームから線路に落ちて電車にひかれること」
だとすれば、
「線路に落ちないため」の対策が必要になります。

そのために、自分とホームの端の間に
黄色い線を引いてみる・・・
これを超えたら、危険だと理解できますね。

それと同じことを、仕事でもやればいいわけです。

いつも前向きに、あるべき自分自身の姿をイメージしながら、
一定のリスク管理は決して忘れない・・・
これさえ実践できていれば、
ある程度の成功は保証されたも同然。

さあ、次は「コミュニケーション」のお話をしていこうと思います。

にほんブログ村 経営ブログへ

にほんブログ村 経営ブログ モチベーションへ

1-3 1カ月後の「あるべき自分の姿」をイメージする

1カ月という限られた時間の中で
結果を出さなければならないとき、
最初にやっておきたいことが
もうひとつあります。

それは
「1カ月後、自分がどうなっていたいか」
をイメージしておくこと。

ここのポイントは
「どうなっていたいのか」ですから、
先に述べた「前向きな気持ちで」
「仕事がうまくいっている自分」を
イメージしておきましょう。

今いる地点がスタートラインだとすると、
1カ月後の自分は、ゴール地点。

ゴールにたどり着くまでには、
途中にはさまざまな障害物が
待ち構えていることでしょう。

でも、ゴール地点にいる自分の姿が
あらかじめイメージできていれば、
そこにたどり着くために
「何をすべきか?」が
はっきりと見えてくるようになります。

スタート地点の自分は、言い換えると
「今の自分」。

ゴール地点の自分は、言い換えると
「理想の自分」。

この「今」と「理想」の間にあるものが
「ギャップ」。

これからの1カ月は、このギャップを
埋めていく作業となります。

さっきも言ったとおり、
あるべき自分の姿をイメージすることは、
そこにむかっていくために必要な
課題が見えてくるということです。

その課題をひとつひとつクリアしていくと、
「理想の姿」、すなわちゴールに
近づいていきます。

これって、
ビジネスの世界でおなじみの
「問題解決の手法」
の基本部分ですね。

問題解決のコツは、
目の前にある問題だけを見るのではなく、
先にあるもの全体を見ながら、
その中での優先順位や必要性を検討しながら、
順番に片づけていくのが効果的だと思っています。

そのために、全体を見つめる、
つまり
ゴール地点の自分をイメージすることにより、
そこにたどり着くまでの流れも
見えてくるということだと思います。

そうしておけば、
途中で何か違うことが起こっても、
軌道修正がしやすくなり、
自分自身を見失うようなことは
ないはずです。

にほんブログ村 経営ブログへ

にほんブログ村 経営ブログ モチベーションへ

1-2 いつも前向きに

海外の人と一緒に仕事をしていると、
気づくことがあります。

それは、仕事ができる人ほど
いつも明るく、前向きで、
仕事を楽しんでいるように見えること。

これはたぶん、欧米などでよく言われる
「ポジティブ・シンキング」(Positive Thinking)
を実践しているのでしょう。

ポジティブとは、広辞苑によれば
「積極的」や「肯定的」という意味があり、
一般的にはプラスのイメージを持っています。

そういう意味では、
日本で言う「プラス思考」と一緒でしょうね。

ちなみに、ポジティブの反対は
「ネガティブ」(Negative)で、
一般的にはマイナスのイメージを持っています。

このポジティブとネガティブ、
実はコインの表裏の関係にあると言われています。

たとえば、
「あの人は仕事が遅い」は、
そのままだとネガティブな表現ですが、
これを裏返してみると
「あの人は慎重に仕事をする」
というように、まったくイメージの異なる、
ポジティブな響きを持つようになります。

今回のテーマ、「前向きに」仕事をするというのは、
良い面ばかりを見て、悪い面を見ずに仕事をする、
ということでは決してありません。

コインの両面をしっかり見る、
つまり
良い面、悪い面の両方を見ていながら、
あえて明るく光っている部分に焦点を当て、
前向きな気持ちで仕事をすることが大切なんだと思います。

いつも前向きな気持ちで仕事ができれば、
それが周囲にも伝わって、
良好な人間関係が構築されることにつながります。

その結果、仕事がスムーズに進み、
早い段階で結果が出るようになります。

そんなに上手くいくわけない?
もし失敗したら?
結果が出なかったら?

そんなとき、私はこう考えるようにしています。
「失敗は成功への糧」。

失敗を後悔している暇があったら、
その失敗を真正面から見つめなおし、
同じ過ちを繰り返さないよう学習し、
次のステップに進むことが大切だと思っています。

反省はするけど、後悔はしない。

どっちみち、やらなきゃいけない仕事ですから、
前向きな気持ちで、楽しくやったほうが
いいに決まってますよ・・・ね!

1-1 まず「何が分らないか」を知り、漠然とした不安を解消する

ある日突然、海外で大災害が発生し、
その国の力だけでは対処が困難な場合、
私の出番は訪れます。

「明日から1カ月、被災した国に行って、
救援活動全体の調整業務を行ってください」

ほとんどの場合、そこは今まで訪れたことのない、
未知の国。

文化は?習慣は?
といった基本的なことだけでなく、
被災地の状況は?
現地で何が手に入る?
などといった、私の仕事に欠かせない情報まで、
まさに「何も分からない」状態。

むしろ、「何が分からないのか」も「分からない」状態に
陥ってしまいます。

この「何が分からないのか分からない状態」ほど、
人間にとって不安なことはありません。

この不安を抱えたまま現場に入ってしまうと、
何から始めればいいのかすら分からず、
仕事の初日からつまずいてしまいます。

そんなとき、
まず最初にすべきことは、
この「何が分からないのか分からない」という
漠然とした不安を解消すること。

そのためには、インターネットやさまざまな手段を駆使して、
仕事を始める前に基本的な情報は
集めてしまいましょう。

そうすることで、2つのことが分かるようになります。

ひとつは、「調べて分かったこと」。
私の場合は、
・国の政治体制は?
・国の経済状況は?
・国の衛生状態は?
など、派遣される国の基本情報は、
調べればすぐに分かります。

そしてもうひとつは、「調べても分からなかったこと」。
たとえば、
・中心都市から被災地への移動手段は?
・災害発生後の物価はどう変化した?
・被災地の治安は?
など、国によってはどう調べても分からないことがあります。

ここで大切なのは、
後者の「調べても分からなかったこと」。

調べてみたけど分からなかった、のですから、
つまりは「分からない」ということが「分かった」
ということですね。

分かった、と思うだけで
ずいぶん気持ちが楽になるものです。

ここで「分からないと分かった」ことは、私の場合、
「仕事ノート」の最初に
「知りたいことリスト」として書きとめられ、
仕事を始めて非常に早い段階で
いろいろな人に聞きながら、
また足を運んで調べながら、
解決していくことにしています。

仕事で早く結果を出すためのコツ、
それはまず、
自分自身の心の中にある不安、
それも漠然とした不安を解消し、
少しでもすっきりとした気持ちで
仕事に臨むことだと思っています。

そのためには、とりあえずは何か行動を起こして、
動いてみるということですね。

何から調べればいいかすら分からない、という場合も、
とりあえずパソコンの検索エンジンで、
今から行く国名などを打ち込んでみましょう。

一つのキーワードから、
多くのヒントが見つかるかもしれませんね。

不安なまま、その状態を放置しない、
これが大切なことだと思います。

さいしょに

最初にお話をしておきたいことがあります。

このブログでお伝えする内容は、決して皆さんの
「収入をすぐに10倍」にしたり
「人生をがらりと変え」たり
しません。

むしろ、これを実践することで、
誰もが「成功体験」を得られるようになる、
そんな内容となっていくはずです。

そして、その「成功体験」の積み重ねが、
大きな自信へとつながり、
さらにその上のステップに進んでいくエネルギーとなり、
その結果として
皆さんの収入がアップしたり、
人生を変えていくきっかけとなることでしょう。

私自身、完全に年功序列の会社で勤務していることもあり、
どんなに成果を上げても、収入が急に増えるなんてことは
ありません。

それでも、海外での仕事を通じて得られた
さまざまな「成功体験」の結果、
私の人生も変わってきたかな?という実感はあります。

たとえば・・・ここ最近、
これまでの海外での救援活動の実績から、
後進の若い人たちにノウハウを教える機会が
増えてきました。

そうすると、
多くの方との「出会い」が飛躍的に増えました。
中には、さまざまな分野の第一人者と呼ばれる方と
もお会いし、新たな学びの場を得ることができています。

そして、人前で話すために、
その準備段階で自分の考えを体系化して
まとめられるようになりました。

実はこのブログも、
そんな過程で生まれました。

研修で話す内容を改めて項目別に書き出してみたところ、
ふと気付くことがありました。

「なんだ、これって海外の救援現場に限定したものでなく、
普段の仕事でも使えるじゃないか」・・・と。

それをもう少し体系化してまとめてみようかな、
と思って書き始めたのが、
このブログです。


今のまま、自分らしく、でもほんの少しだけ、
ものの見方や行動を変えていくだけで、
ささやかな「成功体験」は得られるはず・・・。

その積み重ねが人を変えていくはず・・・。

そんな想いで綴っていきたいと思います。
 

はじめまして

はじめまして、フォア・エストです。

普段は、事務系のサラリーマンをやっていますが、
海外で地震や台風などの大きな災害があると、
要請を受けて約1カ月、救援活動のため、
海外に出張することがあります。

これまで、アジアや中東を中心に、いろいろな国で活動してきました。
イラン、パキスタン、インドネシアやミャンマーなど・・・。

主な仕事内容は、医療活動や救援物品の配布などが
スムーズに進行するよう、裏方で調整することが中心です。

私の得意分野は、まさに災害の発生直後、
救援の体制が整わない混乱した状況の中で、
言葉や習慣、文化の違いを超えて、
被災した国の皆さんや世界各国の救援スタッフと協力しながら、
全体的な救援活動の「環境」を作りあげることです。

そうすることで、被災された方へ支援が早く、効果的に届くようになり、
被災前の生活に戻りやすくなります。

ほとんどの場合、私に与えられた時間は、長くて1カ月。

この限られた期間中に、結果を出すことが常に求められています。

このブログでは、そんな経験の中で実践してきたノウハウを、
分かりやすくお知らせしたいと考えています。

これは、単に救援現場での話だけではなく、
海外出張にこれから行かれる方や、
ごく普通にお仕事をされている方にも、
きっと役立つであろうと思います。

40歳にして初めてのブログ、
どんな出来栄えになるかは、本人も興味津津・・・。

どうぞ、しばらくお付き合いくださいね。
よろしくお願いいたします。

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 1カ月で成果を上げる、私の仕事法 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。