スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1-4 最悪の事態に備える

これまでにお伝えしてきたこと・・・

「何が分からないかが分からない、不安を取り除く」
「いつも前向きな気持ちで」
「ゴール地点にある自分の姿をイメージする」

いずれも、仕事を始める前にやっておきたいことばかりです。

仕事の準備段階では、
できるだけ物事の明るい面を見て、
「成功している自分」をイメージしておくことが
大切だと思っていますが、
それだけでは十分とは言えません。

その正反対である
「こうなってはいけない状態」、
つまり物事の一番暗い部分のイメージも、
必要になってくるということです。

私たちが海外で救援を行う場合、
一番あってはならないことは
「被災地で命を落とす」
ということ。

人助けをするには、まず自分自身の安全確保・・・
が大前提になります。

もちろん、
災害の現場には多くのリスクが存在します。

二次災害、治安への不安、病気の蔓延・・・。

私たちは、あらかじめこれらのリスクに備えることで、
それを最後まで避けるよう、努力しています。

これは一般的に
「リスク管理」や
「セキュリティ・マネジメント」
と呼ばれているもので、
仕事を進める上で欠かせないものです。

「こうなってはいけない」最悪の姿が
イメージできていれば、
そうならないためにさまざまな対策が
たてられるようになります。

また、そうなりかけたら、
頭の中で警告音が鳴り響き、
直前でも危険を回避することができるようになります。

たとえば、電車の駅をイメージしてみてください。

ここで考えうる最悪の事態は
「ホームから線路に落ちて電車にひかれること」
だとすれば、
「線路に落ちないため」の対策が必要になります。

そのために、自分とホームの端の間に
黄色い線を引いてみる・・・
これを超えたら、危険だと理解できますね。

それと同じことを、仕事でもやればいいわけです。

いつも前向きに、あるべき自分自身の姿をイメージしながら、
一定のリスク管理は決して忘れない・・・
これさえ実践できていれば、
ある程度の成功は保証されたも同然。

さあ、次は「コミュニケーション」のお話をしていこうと思います。

にほんブログ村 経営ブログへ

にほんブログ村 経営ブログ モチベーションへ

スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 1カ月で成果を上げる、私の仕事法 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。